トップメッセージ

代表取締役社長 櫛󠄁田 祭

昨今、地球温暖化や海洋汚染、森林破壊などの環境問題がより深刻さを増しており、その他にも貧困、人権侵害などさまざまな社会課題が山積しています。将来にわたって社会を持続可能なものにするためには、国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」などに示された社会課題解決が重要であり、これら社会課題解決へ向けて何ができるかという点に、企業の存在意義が問われているといえます。

当社は、1964年の創業以来、触媒や回収・精製に関わる事業を柱として、事業活動の成長・発展に寄与するとともに地球環境保護に大きく貢献してきました。これまで培ってきた技術や知見をもとに持続可能な社会の実現に向けて貢献できるポテンシャルは高く、社会課題が顕在化される中、その解決に力を発揮することは当社に求められる大きな使命であると考えています。

当社は、経営理念のもと、「サステナビリティ経営」すなわち、持続可能な社会の実現に貢献することで、その存在が社会に期待される企業となり当社自らも持続的に成長を遂げていく経営を推進していきます。そしてその実現のため、企業としての社会的責任をどのように果たしていくのかという姿勢を、環境、社会、企業統治の3つの基本的な枠組みで明確にした「ESG経営」を行います。

当社の社会貢献やESG経営の方向性をステークホルダーの皆様と共有し、当社の経営理念に共感できる企業や学術機関の方々とは、ぜひ一緒に取り組みができれば幸甚です。

代表取締役社長 櫛󠄁田 祭