貴金属回収

  • Pt

    白金
    Platinum
    純度99.95%以上

  • Pd

    パラジウム
    Palladium
    純度99.95%以上

  • Rh

    ロジウム
    Rhodium
    純度99.9%以上

  • Ru

    ルテニウム※
    Ruthenium

  • Ru


    Gold
    純度99.99%以上

  • ルテニウムは塩化ルテニウムとして回収いたします。

工場や自動車の排気ガスに含まれる有害物質を分解する分解触媒など、日常の様々なシーンで、環境負荷の低減に触媒が役立っています。このような触媒の多くには反応を加速する成分として貴金属 (レアメタル)が使用されています。
エヌ・イー ケムキャット株式会社では、貴重な地球資源である貴金属を有効に活用するため、「貴金属低減」・「貴金属回収」の技術開発に力を入れ、持続的な社会の実現に貢献しています。

使用済みの触媒に含まれた貴金属(Pt、Pd、Rh、Ru等)も重要な資源です。廃貴金属触媒に複数の貴金属種、添加元素、あるいは使用中に付着した被毒元素などが含まれる場合でも適切な分離回収技術により高品質な貴金属を回収/精製することが可能です。
一般的には、外部委託するケースが多いですが、エヌ・イー ケムキャット株式会社では、自社に回収・精製プロセスを構築しています。設計を熟知した自社の製品であるため、高い回収率、低コスト化が可能です。
持続的な社会の実現に貢献する「低環境負荷触媒」を製品導入~回収までのトータル・サービスとしてご提供します。

触媒提供から貴金属回収まで責任をもって請負う確かな技術力

当社、エヌ・イー ケムキャット株式会社は世界最大手の化学メーカーの1つである独BASF社と住友金属鉱山株式会社の合弁会社として、両社との技術提携により、常に最先端のテクノロジーと設備を保有し、触媒の開発・製造から貴金属回収まで、一気通貫でトータル・サポートできる技術開発力&サービス力で社会に貢献しています。
貴金属触媒では触媒交換時に廃触媒中の貴金属は回収/精製してリユースされるため貴金属資源を無駄なく使用し続けることができます。触媒交換時に不足する貴金属は追加する必要がありますが、貴金属触媒ならではの高活性/高収率、高選択率からプロセスコストを抑えることができるためトータルコストとしては低く抑えることが可能となります。
触媒の構造設計および調製工程で貴金属の配置を精密に制御する技術を有しています。 
これにより、従来の触媒に対して、より少ない貴金属量で同等以上の性能を有する触媒設計・ご提案が可能です。  
当社、貴金属の搭載量~回収量等を各製品単位で分析・管理しています。また、貴金属の分析結果をお客様に開示することで、信頼性・透明性の高いサービスをご提供しています。
2015年の国連総会によって決議されたSDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に当社は事業を通じて貢献しています。

●SDGs12:つくる責任、つかう責任
●SDGs15:陸の豊かさも守ろう
 
当社は触媒製造業者として限りある地球資源を守り、次世代へ紡いでいくためにも、触媒の提供から貴金属回収まで高い技術力と社会的責任をもって取り組んでいる会社です。

Ru

貴金属の回収精製

貴金属は資源として希少で高価な金属です。近年ますます工業的重要性が認識されており、回収精製によるリサイクルが求められています。当社は、貴金属触媒・貴金 化合物を開発、製造する一方、使用済触媒からの貴金属回収精製業務を行っています。

多品種にわたる回収能力

貴金属含有の触媒は、様々な業界で使用され、使用済触媒から貴金属の回収が可能です。
例えば[石油化学、医薬·香料等ファインケミカル][排ガス処理・脱臭装置]など

前処理

使用済触媒は、可燃性物質や水分を含んでいたり、そのままの形では貴金属が均ーに分散していないものが多いため、焙焼や粉砕等の前処理を行います。

サンプリング方法

分析試料のサンプリングは、貴金属含有量を決定するための重要なプロセスです。当社では、お客様と公正な取引を行うために、お客様分析用、当社分析用、審判分析用のサンプルを同時に採取します。

カーボン系および、アルミナ系の粉末状使用済触媒のサンプリングフロー

カーボン系および、アルミナ系の粉末状使用済触媒のサンプリングフロー

メタル固形物の溶解後溶液の触媒のサンプリングフロー

メタル固形物の溶解後溶液の触媒のサンプリングフロー

アルミナ系粒状使用済触媒のサンプリングフロー

アルミナ系粒状使用済触媒のサンプリングフロー

回収貴金属の取扱い

粒子状物質

プールアカウント制

回収精製後の貴金属は当社でお預かりし、必要時に、

  • 貴金属触媒
  • 貴金属化合物

に再加工してお返しいたします。

このお預かり方法を、プールアカウント(Pool Account)制と称しております。 毎月貴金属の預かり量をご報告いたします。

貴金属の返還及び買い取り

回収された貴金属は現物をお返しすることもできますし、当社が時価で買い取ることもできます。