自動車触媒開発

自動車触媒開発の強み

自動車触媒開発部では下記のような視点での開発、人材育成、グループ会社/外部機関との協業、などを進めています。

OEMとの信頼関係に基づく触媒開発実績

4つの車輪を回しながら理論的にアプローチしています
4つの車輪を回しながら理論的にアプローチしています
実際のÅからmまでの各々の視点での材料/触媒開発の一例
実際のÅからmまでの各々の視点での材料/触媒開発の一例

BASFグループ技術の活用、BASF研究者との技術交流による先行開発

全世界対応

  • BASFグループの生産開発拠点を活用し、全世界で供給できる体制を整えています。
  • 定期的なBASFとの技術交流会を行っています。

エンジン実験室

  • 当社エンジンラボでは、開発した触媒の耐久/評価試験を実際のエンジンおよび車両で行っています。
  • 主な実験設備は、エンジン負荷をコントロールするダイナモメーターやエミッションを計測する各種分析計ですが、当社で保有している実験設備は、質/量ともにお客様である自動車メーカーと遜色のないレベルであり、関連する法規制の変化やお客様からの要望に対応するため、常に最良の設備を導入しています。
  • ただ単に実験を行うだけでなく、これら実験設備を維持するための保全活動、設備の機能を有効活用した実験データの信頼性確保、実験の効率化等に常にチャレンジしています。
  • また、安全面の配慮から各種インターロックおよび監視システム等を充実させ、従業員の安全確保に努めています。
  • 大型エンジン対応ダイナモメータ

    大型エンジン対応ダイナモメータ
    (10L以上のエンジンにも対応可能)

  • ガソリン耐久

    ガソリン耐久

  • シャーシ設備

    シャーシ設備

エンジンラボ設備

[ガソリン専用ベンチ]
[ディーゼル専用ベンチ]

  • SOx計、NH3計(N2Oも可)
  • マイクロトンネル(PM分析計)
  • 固体粒子数計測装置(PN分析計)

[各種分析装置]

  • 触媒活性評価試験機
    (モデルガス評価装置)
  • 物性評価設備
  • EPMA
  • SEM/EDX
  • STEM
  • XRD
  • TG/DTA
  • その他分析装置)

沼津エンジンラボ