メーカーは設備が命 化学系会社の機械技術者はかなり頼りにされます

製造設備を設計したい思いを叶えるため、転職を決意

私は新卒ではなく、キャリア採用組。前職は自動車関連メーカーで、設備技術を担当していました。これは学生の頃には見えにくかったことですが、設備技術といっても維持管理がメインのものと一から自分で考え、作り上げていくものがあります。以前の会社は前者のタイプ。高額なマシンを購入してそのお守りをするルーティンワークがほとんどでした。現在は装置を購入することもありますが、事業所内における製造設備の改造、更新、新規導入に関して初期段階から立案、詳細検討、施工までトータルに任せてもらっています。たとえば、研究部門の要請にしたがって量産設備をゼロから完成させた時は達成感がありました。研究開発者とやりとりしながら仕様を決定し、機器選定を行い、実工事を手配します。1年3ヵ月かかったプロジェクトでしたが、無事稼動し、製品がお客様に納品できたと聞いた時は本当に肩の荷が降りたし、嬉しい瞬間でした。基礎工事から細部の配管までやりきったという充足感が、前職では味わえなかったやりがいに繋がっています。

製造ラインをはじめあらゆる設備を設計自ら設計した設備が、目の前にある喜び

当社の良いところは、他部署とコミュニケーションがとりやすく、自分から積極的に仕事を進めていけば、協力してくれる人が多いところです。先輩社員も経験豊富な方が多いので、悩んだ時に相談すると具体的な答えが返ってきます。特に刺激になっているのが、研究開発者たちとの接点。製造設備を作る上で化学系の知識が必要になります。たとえば薬品の種類によっては腐食に強い配管を選択しないといけません。新しいことを勉強したいという意欲の高い方にとっては魅力的な環境と言えます。

一方で機械系のエンジニアは重宝がられる会社とも言えます。何しろ化学系エンジニアの比率が高い職場なので、機械系エンジニアは希少価値があります。製造設備が機能しないとメーカーは成り立ちません。それは機械系のエンジニアがいないと成り立たないということでもあります。「ちょっと見てくれる?」「どうすればいいかな?」そんな相談が集まってくるのが設備技術という仕事。私自身も「設備技術のことなら竹野谷に聞け」と言われるようなエンジニアを目指しています。

PAGE TOP