沼津事業所内にあるあらゆる設備を見直し、全社員が「使いやすい」と感じる設備を―

製造設備を設計したい思いを叶えるため、転職を決意

私が当社を選んだ理由は3つ。まず、会社全体を見渡しながら様々な業務を経験できるような、ほどよい企業規模であること。また、挑戦志向を社風としながらも、先輩社員の人柄に温かさが感じられたこと。そしてなんといっても、選考過程に多くの面接官が関わり、学生を会社全体でしっかり見ようという姿勢に好感を持てたことも決め手の一つです。私は、入社時に配属された本社経理部に3年半在籍しております。入社1年目は、出納業務を中心に資金の流れを把握、その後、売上や本社費用といった損益項目の管理を担当しました。現在は、主に財務諸表の作成を通じて、会社の経営成績や財政状態を解析する業務や製品利益の計算等を行っています。数字の動きは会社の動きを表しますから、その変化を解析するため、最前線で何が起きているか担当部門に問い合わせ把握します。経理は計算をすることばかりが仕事ではなく、他部門とのコミュニケーションが非常に大切。そしてなにより、経営判断に役立つ部門でなければならないため、できるだけ実態に目を向け、数字の背景を正確に伝えることを特に意識して取り組んでいます。

製造ラインをはじめあらゆる設備を設計自ら設計した設備が、目の前にある喜び

経理部の役割は全社の数字をとりまとめる役目を担っています。その点、入社2年目に中期経営計画作成に関われたことは私にとって大きな出来事でした。私が担当したのは販売予算。社内管理指標と照合しながら数字を集計し、経理的な資料へと組み換えるという作業です。先輩の助言を得ながら、慣れない社内用語と格闘し、数字の裏を取りつつ慎重に進めました。5年後の会社の未来図を描く大本となる資料ですから、間違いは許されないというプレッシャーは大きく、大変神経を使った覚えがあります。

「一つひとつを確実にこなせるようになること。それができなければ次の業務はない」上司の言葉です。厳しい態度を通じて経理として働く覚悟を伝えたかったのだと、今では理解できます。経理の提出する数字が確かなものでなければ、会社を誤った方向に導いてしまう。数字を預かる重みを実感できた時、それは、経理として働く面白さを実感できた瞬間でもありました。訂正のきかない仕事。任せる側も勇気のいることだと思います。そういった機会を早いうちから与えてくれた上司・先輩にはとても感謝しています。その環境に応えるためにも、様々な可能性に挑戦し、当社にとって主要な役割を担っていけるよう今後も努めていきたいです。

PAGE TOP