menu

長期ビジョン化学触媒事業の新分野への展開

水素社会への変換フローと当社のビジネスチャンス

  • 現状の水素利用は、主に石油精製・石油化学、及び産業用水素のみです。(青色表記)
  • 今後、国のエネルギー政策により、燃料電池自動車用・発電用に用途が広がっていきます。(オレンジ色表記)
  • 水素利用の拡大に伴い新たな触媒用途が発生し、新たなビジネスチャンスとなります。

定置式燃料電池・燃料電池自動車などへの対応

外部環境の変化

  • 燃料電池自動車の本格導入が開始され、燃料電池車用の水素インフラの整備も開始されます。
  • 国内のエネルギー政策は原子力依存から多様化の時代に入り、CO2削減・エネルギー効率化を目的に水素混焼発電・水素発電の設置が開始されます。
  • 水素需要の用途は、現状の石油精製・石油化学用途以外に、上記燃料電池自動車・発電用途にも拡がります。
  • 今後増加する水素需要に対して、ハイドライド化・液化により海外から水素を輸送し、安価な水素供給ビジネスが計画されています。
  • 定置式燃料電池市場では、家庭用燃料電池(エネファーム)の普及率が高まっていくとともに、新たに産業用燃料電池の普及も見込まれます。

触媒需要の拡大

  • 燃料電池自動車用の電極触媒需要が新たに発生し、増加していきます。
  • 水素需要対応の改質触媒、ハイドライド化・脱水素触媒など、新たな触媒需要が発生します。
  • 定置式燃料電池の改質・電極等の触媒の需要が今後も増加します。

当社の対応

  • 燃料電池自動車用の電極触媒の開発を継続し、性能No.1の触媒を提供し、新たなビジネスを創出します。
  • 水素改質用途、ハイドライド化・脱水素用途などに対して当社の触媒技術及び触媒量産能力を提供し、お客様とともに新たな分野でビジネスを創出します。
  • 定置式燃料電池用触媒の改良・コストダウンを行い、お客様のニーズに合わせた触媒を提供することによりビジネスの増加を図ります。
GO to TOP

〒105-6124 東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル24階
TEL:03-3435-5490(代表)  FAX:03-3435-5484