経営層からのメッセージ 「会社の利益を意識」できる研究者が育つことが私の喜びです 執行役員/工学博士/触媒開発センター長 山田 貞二 Teiji Yamada 経営層からのメッセージ 「会社の利益を意識」できる研究者が育つことが私の喜びです 執行役員/工学博士/触媒開発センター長 山田 貞二 Teiji Yamada

特許取得や同業他社との競争に勝ち抜き、会社に貢献 特許取得や同業他社との競争に勝ち抜き、会社に貢献

院生時代の研究テーマは卑金属を用いたガスタービン用触媒燃焼に関する研究。 その流れを汲んで、当社に入社したのが84年のことでした。入社直後は当時の市川研究所で、貴金属を用いたガスタービン用触媒燃焼に関する研究開発に携わり、87年からは沼津事業所で自動車排ガス浄化の触媒の研究開発に従事。その後、主任、主務、技術課長を経て、技術部長に昇格。そして02年から3年間は工場長として製造及び品質保証の業務も経験。06年には自動車触媒技術センター長に。09年からは組織改革により触媒開発センターに統合され、副センター長として自動車触媒部門を担当し、14年から触媒センター長として化学触媒部門および分析技術も加わり、当社の研究部門の統括をしております。この間、印象に残っているのは、やはり若い頃に大きなプロジェクトに関わることができたことです。

その中でも、1990年に始まった0.25HC(炭化水素)規制強化に対応する触媒開発プロジェクトが一番の思い出です。当初は他社より性能が劣っており、苦しい日々が続きましたが、必死に開発に当たると共に、会社側からも車輌評価設備導入という大型投資のサポートを頂き、最後の3ヵ月で逆転勝利。粘って粘った結果、会社の命運をかけた大きなプロジェクトを成功させることができました。一方、技術的には、現在市場で主流となっているセリウム/ジルコニウム系複合酸化物を見い出し、特許化できたことが印象に残っています。この材料は、当社が世界に先駆けて市場導入し、環境浄化に大きく貢献すると共に、当社ビジネスの発展にも大きく寄与しました。

センター長として、バランスのいい研究者を育成 センター長として、バランスのいい研究者を育成

現在の仕事は、全社技術戦略の作成、各種開発プロジェクトの進捗管理、技術開発支援、ならびに人材育成の推進などですが、特に人材育成には力を入れています。触媒開発センターを作った際に、センターのミッションとビジョンを再定義したものがありますので、ここでご紹介させていただきます。ミッションが「顧客満足度の高い商品の開発」「新製品開発の為の基盤技術の蓄積」「次世代技術開発のできる人材の育成」、ビジョンとしては「Lead The Catalyst Innovations ─触媒の可能性を広げよう!」というものを掲げています。工学分野では、設計部品と機能部品というものがあり、私たちが扱う触媒は論理的思考で図面を引けばできあがるものではなく、自分でコンセプトを作って、実験で検証する機能部品です。必ずしも思い描いた通りに結果が出るとは限らないもの。だからこそ、考える力、地頭力が必要なのです。ですから、部下に接する時に心がけているのは、「何故そのような設計をしたのか?」、「その実験結果から何が言えるのか?」などを質問することですね。論理的に考えてもらう習慣をつけてもらうためです。企業ですので、まず第一にビジネス獲得に向けた開発に注力してもらいたい。一方で、継続的に技術蓄積を行い、自らのオリジナリティを外に発信して欲しいと思っています。私自身、会社からの支援のお陰で、社会人になってから博士論文を1998年に提出でき、その経験を基に奨学支援制度を提案させて頂きました。その制度に沿って、部下にも学位を取得する者や、学会発表の機会を得る者が増えており、自分自身も人材を育成できていることに喜びを感じています。

今後、入社される方に期待しているのは、重箱の隅を突くような研究をしたり、結果だけを追いかける開発にのめり込むのではなく、常に「会社の利益に貢献すること」と「研究者としてのオリジナリティを発揮すること」の両方を意識したバランスのいい研究者を目指してもらうことです。それには不屈の精神と熱意を持って、「自分がこの会社を、この業界を、牽引していくんだ!」というくらいの気持ちを持って、仕事に臨んで欲しいですね。

PAGE TOP