事業概要事業概要
化学触媒
自動車触媒
自動車排気ガス浄化の必要性
ガソリン自動車触媒
ディーゼル自動車触媒
自動車排気ガス規制
燃料電池触媒
自動車触媒 自動車排気ガス浄化の必要性
自動車から排出される排気ガス成分は人体に有害な影響を及ぼす可能性があります。
自動車排気ガスの主な成分
CO 一酸化炭素
燃料の不完全燃焼で発生。血中ヘモグロビンと結合し、酸素輸送を阻害し中毒症状を引き起こします。
HC 炭化水素
燃料、潤滑油の燃焼室壁面での未燃焼で発生。肺機能障害の主因となり、オゾン生成能が高い。毒性・発ガン性を示す種(ベンゼン等)を含みます。
NOx(NO/NO2) 窒素酸化物
燃焼室内でThermal NOxとして発生。光化学活性が高くスモッグ、酸性雨の原因となります。
ディーゼル車から排出されるPM3成分
ディーゼル車の場合、上記3成分に加え、下記3つの成分から成る PM (Particulate Matter) も排出されます。
PM (Particulate Matter) : 粒子状物質
1. SOF (Soluble Organic Fraction) : 可溶性有機化合物2. ISOF (Insoluble Organic Fraction) : 不溶性有機化合物(煤)3. Sulfate:硫酸ミスト
 ※1、2は、燃料、潤滑油の不完全燃焼で発生= 肺機能障害の主因。3は、燃料中S分の酸化により生成。