事業概要事業概要
化学触媒
自動車触媒
自動車排気ガス浄化の必要性
ガソリン自動車触媒
ディーゼル自動車触媒
自動車排気ガス規制
燃料電池触媒
自動車触媒 ディーゼル自動車触媒
ディーゼル自動車の排気ガスには、一酸化炭素 (CO)、炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOx)に加え、パティキュレートマター(PM)という人体に有害な微粒子が含まれています。これに対し、ディーゼル車の排気ガス規制が強化されていますが、規制に対応するにはエンジン性能の向上に加え触媒を使用した排気ガス浄化システムが必要となります。エヌ・イー ケムキャットでは、ガソリン車用触媒で培った技術と経験を駆使し、これらのニーズに対応した触媒の開発・製造を行っています。また、規制強化以前の使用中のディーゼルトラックやバスに対し、PMを低減させる触媒システムも提供しています。
ディーゼル自動車触媒
ディーゼル排気ガスの主な成分例
ディーゼル排気ガスの粒子状物質(PM)

ディーゼル自動車用触媒の役割(代表例)
ディーゼル自動車の排気ガス中有害成分である、HC(炭化水素)、CO(一酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)の排出量を低減するためDOC、CSF、SCR、AMOXなどの触媒が組み合わされて使用される。

ディーゼル自動車用触媒の役割と搭載例
PAGE TOP