menu

自動車触媒ディーゼル自動車向け触媒

排ガス規制の強化

オンロード(=乗用車・バス・トラック)について、全世界でNOx(窒素酸化物)・HC(炭化水素)・CO(一酸化炭素)、およびPM(粒子状物質)規制の強化が計画されています。オフロード(=建設機械&農業用機械)についても同様に規制強化の動きが加速される見込みです。

燃費規制(CO2排出規制)の強化

地球温暖化対策推進のためには自動車からのCO2排出量の低減が必要です。その対策として自動車の燃費改善の重要度が増しており、燃費規制の強化が計画されています。

トラック・バス・乗用エンジン & 建機・農機用エンジン

ディーゼル自動車は、「PM(粒子)」の排出がある事がガソリン自動車との大きな違いです。ディーゼル自動車に対する規制や触媒需要は、「いかにPMを低減させられるか」という事が最大の課題といえます。

ディーゼル自動車の排気ガス中有害成分である、HC(炭化水素)・CO(一酸化炭素)・NOx(窒素酸化物)・PM(粒子状物質)の排出量を低減するため、DOC・CSF・SCR・AMOXなどの触媒を組み合わせて使用されます。

各触媒の特徴

触媒の種類 DOC
Diesel Oxidation Catalyst
CSF
Catalyzed Soot Filter
尿素SCR
Selective Catalytic Reduction
AMOX
Ammonia Oxidation catalyst
機能
  • HC, COの低減
  • 軽油を燃焼させてCSFに溜まったPMを燃焼除去する
  • PMを捕集する
  • 捕集したPMを燃焼除去する際のCO排出を抑制する
  • 尿素からNH3(アンモニア)を生成し、NH3を還元剤としてNOxを還元除去する
  • 大気中へのNH3排出を抑制する
課題
  • 貴金属使用量の削減
  • 背圧の低減
  • PM異常燃焼による焔損の防止
  • 性能の向上
  • 小型化
  • 性能の向上

PMを排出させないための「DOC触媒」と「CSF触媒」の組み合わせ

S等の被毒に強いDOCや高いコート技術を駆使した低圧損CSFの開発・提供に優れています。

連続再生時

DOCの役割:CO⇒CO2、HC⇒CO2+H2O 無害化
NO→NO2により、CSFへNO2を供給しSoot(煤)を燃焼を促進
CSFの役割:トラップされたSootを触媒で燃焼

強制再生時

DOCの役割:上流で噴霧された軽油を燃焼し、CSFへ熱量を供給
CSFの役割:高温で強制的にSootを燃焼し、CSFにトラップされていたSootを除去再生
Sootの不完全燃焼で生成するCOをCO2に酸化し排出

さらなる規制強化(NOx低減)に対応するため、「SCR触媒」と「AMOX触媒」を加えた組み合わせ

高いコート技術を駆使した低圧損CSFや、高性能なゼオライトを使用した、高いNOx 除去機能を有したSCR (Selective Catalytic Reduction) の開発・提供に優れています。

SCR触媒の役割:DOC, CSFでは除去できないNOx(NO2, NO)に尿素(NH3に変換)を加え、
⇒N2, H2Oに還元、無害化して排出
AMOX触媒の役割:SCR触媒からNH3がスリップした場合にNH3を酸化、或いはNH3とNOxの反応でNOx還元、無害化して排出

高機能化・小容量化に向けた次世代触媒の開発を実施

少ない貴金属量で高機能なDOCや、顧客のエンジンに合わせたSCRの開発・提供、加えて顧客のエンジンに合わせた高機能なSCR on Filterの開発に強みがあります。

小型・中型エンジンに適したLNT (Lean NOx Trap) 触媒の開発、高いコート技術を駆使した低圧損CSFの開発・提供に強みを有しています。また、尿素を使用しないため、使用者の利便性が向上します

GO to TOP

〒105-6124 東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル24階
TEL:03-3435-5490(代表)  FAX:03-3435-5484